家庭で使用済みとなった電家製品は、以前は市町村が粗大ゴミとして回収し処分していました。しかし電家製品に使われている材料の中には、資源としてもう一度利用できそこで、2001年(平成13年)4月1日から家電リサイクル法によって、家電製品のリサイクルが始まりました。
家電リサイクル法では、エアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫の4品目が特定家庭用機器として指定されました。リサイクル料金は、品目・メーカーによって異なり、他に収集・運搬料金が掛かります。



特定家庭用機機器再商品化法施行令が改正され、平成21年4月1日からプラズマテレビ、液晶テレビ、衣類乾燥機が家電リサイクル法の対象品目に追加されました。



★ 業務用冷蔵庫・業務用エアコン・業務用衣類乾燥機・業務用液晶テレビ・業務用プラズマテレビは対象外となります。







※対象外となる例がいくつかありますので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。




 掲載のすべての記事・写真の無断転載を禁じます。Copyright (C) 2009 Clean Service IWATA Co.,Inc. All Rights Reserved